苔園芸の情報サイト〜苔日和 (こけびより) 

初心者大歓迎!苔を身近に楽しみたい、そんな苔好きのための情報サイトです。苔の基本情報から、苔の育て方や苔庭づくり、苔園芸など。

    

*

「苔が枯れた!?」と慌てる前に… 苔に見られる主な症状と対処法

      2016/03/05

 
[`evernote` not found]
Pocket

苔と言ったら緑、ですよね。そのきれいな緑をより楽しみたい!と、苔を庭に植えたり、植木ポットなどに入れてインテリアにしてみたり。でも数日経つと、苔が赤茶っぽく変色したり、縮れてとてもきれいとは言えない状態になったりして「ひょっとして枯れちゃったのかな?」と不安になったことはありませんか?
まず結論を言いますと、苔はそんな簡単に枯れませんし、ましてやすぐに死んだりしません。そして、苔は常に緑であるとは限らないことを理解することが重要です。苔は本来環境適応能力の高い植物。一方で、環境に変化が生じると過敏に反応します。苔の見た目の変化は、環境に耐えようとしている姿、その環境が合ってないよというサイン、のいずれかと考えると良いでしょう。

苔に見られる主な症状と考えられる要因、対処法

苔が縮れている

よく晴れた日、風の強い日など、苔が縮れているように見れることがあります。これは乾燥から身を守るための手段であり、決して一般の植物のように枯れてしおれているわけではありません。雨が降ったり、水やりをするとぱっと葉が開き、きれいな元の状態になります。苔園芸初心者にありがちなことですが、苔が縮れているのを見かけるとすぐに水をあげてしまいます。日光があたると、苔の中の水分が熱せられ苔が蒸れることがあるので、水やりがアダとなり苔を弱らせてしまう原因になります。これから日光が当たる、もしくはすでに日光が当たっているような時間帯には水やりは禁物です。確かに縮れていると見た目は悪いですが、そこはぐっとこらえて放っておきましょう。水やりをする場合は、日が沈みかける時間帯以降にしましょう。

(クリックで画像拡大)
▼乾燥のため縮れている杉苔
乾燥状態の杉苔

↓↓ 雨が降ると・・・?↓↓
▼元通りに!
20150828_174805

▼乾燥時のスナゴケ
20150829_125946

▼同じくハイゴケ
20150829_130024
(お役立ちリンク)日本最大級のガーデンサイト!【日本花卉ガーデンセンター本店】

苔が赤茶や黄色っぽく変色している

茶色っぽい変色や黄色みがかった変色には様々な要因が考えられます。
一つは「乾燥」です。前述のように、園芸向けの苔の中でも乾燥に耐える性質を持つものが多いですが、もともと乾燥に弱い苔は乾燥すると変色することがあります。また、乾燥に強い苔でも、乾燥した日が長く続いたりすると変色することがあります。

他には、日照条件や湿度条件など「環境が合っていない」ことへのサインが考えられます。先ほどの「乾燥」もある種環境の一つですが、スポット的な環境の変化を指していました。今回でいう環境とは、植えつけ環境がその苔にとって好ましい環境かという場所的な意味合いを強く持っています。
苔は「暗くて、じめっとしたところ」が好きかと言ったらそうではありません。むしろ、身近な苔の多くは日光を必要とし、それなりに乾燥しても耐えてくれます。苔ごとに好みの環境がありますので、植えつけ前に植えつけたい場所に適した苔を選ぶことが重要です。
別の記事「苔を育てるために押さえておきたいポイント」で詳しく説明していますので、よかったらそちらもお読みください。

植えつけ場所をしっかり考慮したのに…それでも苔の植えつけ直後・移植直後は変色が見られることが少なくありません。これは、植えつけ前の環境と植えつけ後の環境がイコールではなく小さなギャップに反応していることが考えられますが、徐々にその環境に適応し、緑が復活するのであまり過保護にあれこれしなくても良いでしょう。

犬や猫などの動物の糞尿が原因のことも!

部分的に、かつ円形に変色しているのを見かけた時は、動物の尿による被害も考えられます。尿に含まれるアンモニアなどが苔に影響を与え、この場合苔は本当に枯れてしまうことが多いです。その後時間が経てばまた新しい苔が芽を出して回復することもありますが、やっかいなのは、犬や猫などは同じところで何度も用を足す習性があること。犬や猫を近づけない対策をとらないと、何度も小便され、どんどん苔の被害が拡大することもあります。
別の記事「苔庭の宿命!?猫の糞尿被害とその対策について」もぜひお読みください。

▼犬の尿で変色したスナゴケ(写真真ん中あたり)
20150829_125953

苔が黒っぽく変色している(またはヌメヌメしている)

苔が黒っぽく変色する主な代表例は、苔玉です。苔玉の管理において、「腰水法」など常に苔を水につけているやり方をしていると、苔が黒ずんできて、最終的には溶けたようになくなってしまうことがあります。これは苔の死を意味します。丈夫で、簡単には死なないはずの苔を死なせてしまう…その原因は「水のやりすぎ」または「水のやりすぎによる窒息」です。つまり、腐った状態です。

▼腰水管理によって苔がなくなってしまった苔玉の一部分(ハイゴケ)
20150829_130106

苔の中には水中でも大丈夫な種類もあります。ただ、苔玉や苔庭で利用するような苔は、水そのものというよりかは「空中湿度」が大事であり、ずっと水びたしという状態は苦手なものが多いのです。苔玉を水につけておけば水やりの手間を省けて楽なような気もしますが、苔が腐ってしまっては本末転倒ですよね。種類に応じて、適度な湿度、適度な乾燥を心掛けましょう
参考)→「苔玉を枯らしてしまう、初心者にありがちな5つの先入観」

余談・・・
あるホームセンターで、苔テラリウムの素材用として苔が数種類パック売りされていましたが、長く置かれているものは黒ずんでとても商品とは呼べない状態になっているものを見かけたことがあります。パックの中には水が半分くらい入っており、まさに腰水状態でした。おそらく、苔のことに詳しくないホームセンターのスタッフが「苔は水が好きだから」というイメージを持っていて、よかれと思って毎日水をたっぷりあげていたのでしょうね。

[`evernote` not found]
Pocket

     

スポンサーリンク

          

▼「苔日和」サイトマップへジャンプします

サイトマップへジャンプします
    

 - 苔の基礎知識, 苔の種類・育て方

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  この記事を読んだ人が他に読んだ記事