苔園芸の情報サイト〜苔日和 (こけびより) 

初心者大歓迎!苔を身近に楽しみたい、そんな苔好きのための情報サイトです。苔の基本情報から、苔の育て方や苔庭づくり、苔園芸など。

    

*

苔の植えつけ ①貼りゴケ法(はりゴケ法)

      2016/03/27

 
[`evernote` not found]
Pocket


雨上がりや朝露をたっぷり浴びた苔が放つ鮮やかな緑には癒やされます。この癒やしを毎日感じたい!と自宅の庭や、ちょっとしたスペースに苔庭をつくりたいと考えている方も多いのではないでしょうか。
苔庭を1からつくるなら、「貼りゴケ法」がおすすめです。文字通り苔を貼るわけですが、今回は貼りゴケ法についてメリット、デメリットを織り交ぜながら解説します。

1日にして苔庭を創り上げる貼りゴケ法

貼りゴケ法とは(はりゴケ法)

貼りゴケ法は、ある程度成長した苔のマットもしくはコロニー単位のものを土壌に貼り付ける方法です。
今では人工栽培された丈夫な苔のマット(苔シート)をネットショッピングでも簡単に入手できます。それを、あらかじめ水はけが良く保水性もある土壌に整えた箇所に1枚ずつ貼っていきます。
シート状ですから、庭石や植栽の形状に合わせてはさみで切るなどして加工できます。芝貼りをやったことがある人はイメージができるかと思います。

貼りゴケ法の主な用途

苔庭づくり、盆栽、盆景など苔を観賞の対象として取り入れるシーンで貼りゴケ法が最も多く用いられています。苔玉もハイゴケを貼り付けるように作りますが、木綿糸やテグスで固定するのでここで言う貼りゴケ法とは意味合いが異なります。

今回は主に苔庭づくりの中での貼りゴケ法について書きたいと思います。

貼りゴケ法のメリット

貼りゴケ法のメリットはなんと言っても、短時間で苔庭を完成させることができることでしょう。(石組みや植栽にかかる時間は除く)
長い年月をかけて定着・繁殖してきたような雰囲気を、数時間から数日の間に創り上げることができるのは魅力です。
また、貼りゴケ法は素人でもある程度の仕上がりにできます。

貼りゴケ法のデメリット

デメリットとはちょっとニュアンスが違うかと思いますが、知識無くなんとなく貼りゴケをしてしまうとたいてい短い期間のうちに変色し、やがて消えてなくなってしまいます。
完成した時がピークで、後は廃れていく、運がよければ元気に殖える…。これでは、苔を育てて長く楽しむという目的は達成されません。苔庭にスギゴケを導入される方が多いのですが、枯らしてしまったことで苔庭は素人にはやっぱり難しいから無理だと諦めてしまうようです。
以降に述べる注意点をしっかり守れば初心者でも立派な苔庭はつくれます。

貼りゴケをする時の注意点

貼りゴケ法で植えつけた後、長続きせずに枯らしたり消滅させたりしてしまう失敗をしたことかある方は、下記の問題点の中に思い当たることはないかぜひチェックしてみてください。

1. 貼りゴケする苔の種類と配置の問題
2. 苔シートの品質の問題
3. 土壌の問題
4. 貼り方の問題
5. 管理の問題

1. 貼りゴケする苔の種類と配置の問題

実はこれが1番多い問題かもしれません。スギゴケの苔庭に憧れる方は非常に多く、実際流通している苔の大半はスギゴケだと言われています。ただ、憧れだけで安易に庭全面にスギゴケばかりを導入してないでしょうか?

苔は環境に対してデリケートな植物です。環境が合わないところでは健康に育ちません。「日照」「湿度」の条件は、失敗したその苔に合ってましたか?
苔庭づくりを考える時に非常に重要なのは苔の配置計画、つまりプランニングです。造園会社で、苔庭づくりの確かな知識と技術と実績を持っているところは、施主がスギゴケ一色で!とオーダーしても必ず他の種類の苔を取り入れたプランを提案します。スギゴケを一面に取り入れたところで長続きしないことを知っているからです。
プロの行う苔の配置計画は、全日照なのか半日陰なのかなど「日照条件」を庭の中で大まかに分類し、庭の周囲のフェンス・生垣、植栽や石組みやオブジェなどの細かな要素からさらにピンポイントの日の当たり方を検討します。加えてその地域の気候、庭の中の空気の流れ、施主がどこまでメンテナンスできるかなどの情報から「湿度条件」を導き出し、「日照条件」とかけ合わせて部分ごとに植えつけるのに最適な苔の種類を導き出します。
こうなると、素人にはやっぱり難しい話なんじゃないか!と言う声が聞こえてきそうですが、プロがやるほど細分化が出来なくても、少なくとも大まかな「日照条件」に合わせて苔を選択することと、水やりを適切に行なえば失敗はかなり減るはずです。

日照条件の判断に迷う箇所は、複数の苔が混ざった状態で栽培された苔シートを貼ると良いでしょう。例えば季節によって全日照にもなるし半日陰にもなるし、といった場合です。
スギゴケ・スナゴケ・ハイゴケの三種混合の苔シートを設置すれば、その環境で育つ苔が生き残ります。完全に枯れて地表がむき出しになる失敗は避けられるでしょう。複数種混合の苔シートは『三種混合 苔』『二種混合 苔』などで検索すれば市販されている商品が見つかります。

苔の育て方の基本についてはこちらの記事を参考にしてみてください。
→ 苔を育てるために押さえておきたいポイント

2. 苔シートの品質の問題

購入した苔そのものに原因がある場合もあります。自宅の庭の環境と、その苔が育った環境の間にギャップがあると、順応できずに弱ってしまうことがあります。
ネットショッピングで入手する場合は、なかなか商品の品質まで見究めるのは難しいですが、私がおすすめする苔商品の選び方について書いた記事がありますのでそちらを参考にしてみてください。
→ 初心者でも失敗しない、市販の苔の選び方

3. 土壌の問題

苔を貼る土壌も重要なポイントです。
スナゴケやハイゴケなどあまり土壌を選ばない苔もありますが、水はけが悪くて雨が降ったら水たまりが出来るようでは多くの苔は健全に育ちません。
保水性も大切です。空気中の湿度が高く保たれる環境であればいいのですが、特に太平洋側や関東などは乾燥気味になりやすいので、土が水分を蓄えて、空気が乾燥してきたら気化して湿度を補填してくれます。水やりの回数も減ります。
私は基本用土として、黒土(又は赤玉小粒) : 川砂 : ピートモス : バーミキュライト=3 : 3 : 3 : 1 の配合にし、雨がよく当たる場所は川砂を多め、雨がかかりにくい場所は黒土又は赤玉を多めにしたりバークを追加するなど苔を設置する場所によって変えています。苔の種類ごとに設置用土の厚みも変え、スギゴケは5cm以上の厚さで敷くようにしています。スナゴケやハイゴケは薄めに敷きます。
参考:苔の種類ごとのおすすめ培養土

最近、「土壌を選ばす簡単施工」を売りにした商品も出ていますが、私は懐疑的で採用したことはありません。商品の概要を見るとシートの基盤が1cm程度のようですが、その下の土壌が硬かったり粘土質だったりした場合にスギゴケなら仮根が伸びる余地を失うような気がしてならないからです。いずれ試してみようとは考えています。

4. 貼り方の問題

どんな種類の苔でも、苔を貼る時に1番注意しなければならないことはベースとなる土壌としっかり密着させて固定することです。ただ置いただけの状態ですと、ベースの土壌と苔シートの間に空気層ができ苔が乾燥しやすくなります。また強風や雨で苔が動くような状態だと苔はなかなか定着して増えてくれません。
貼った後に目土を入れることも忘れないようにしましょう。目土を入れることで日光や風による乾燥を防ぎ、より強固に固定できます。川砂と黒土を当分混ぜたものを、苔の頭(表面)がかろうじて見えるくらい均等にまき、たっぷり灌水すると目土が苔の間に入り込みます。

貼りゴケの基本的な手順)
①元の土壌の除草をしっかり行う。(その上で防草シートを敷くとなお良い)

②用土を敷く(初心者はこの時あまり起伏はつけないようにしましょう)

③用土に灌水する

④苔シートを置き、コテやスコップでしっかり押さえ用土に密着させる(手でやる場合は軍手をしてください。手の脂は苔によくありません)

⑤目土を入れ、たっぷり灌水する

苔の種類ごとの貼りゴケ法についてはまた別記事でご紹介します。
(2015.10.03更新)
【苔の植え方】スギゴケマットの貼り方(はりゴケ法の手順)

管理の問題

これまでお伝えした問題点をクリアできていれば、本来水やりなどの管理は必要ありません。
しかし自宅の庭が植えつけた苔に最適な環境とは言えない場合は管理・メンテナンスが必要になります。
主な管理項目は以下の通りです。
・水やり
・夏場の日避け対策
・目土を入れる
・苔の種の追い蒔き(追い撒き)
・刈り込み ※スギゴケなど大型の苔のみ

水やりについては別記事で説明しているのてみ割愛させていただきます。

夏場の日避け対策
これについては必須ではありません。夏場、全日照の場所は乾燥し、高温になるため寒冷紗や遮光シートを被せて苔を保護することがあります。蒸れや変色から護るためです。
ただ、個人で楽しむ分においてはそこまで過保護にすることもないかなと思っています。多少葉焼けを起こしたりしても、その他の管理がしっかり出来ていれば苔は回復するからです。何より夏の間、愛着ある苔庭が寒冷紗で覆われているのはがまんなりません(笑)。

目土を入れる
1〜2年に一度は目土を入れると良いでしょう。降雨などにより少なからず土壌が流され、乾燥にさらされるリスクが高まるため、新たに目土を入れることによってリスクカバーをします。また、目土が新芽の発芽を助けます。
私は1年に一度目土を入れています。私の住む地域はなぜか夏場のゲリラ豪雨が多いからです(笑)

苔の種の追い蒔き
苔の種の追い蒔きはオススメします。苔は胞子で増え種子はつけないので厳密には苔の種ではないのですが、苔を乾燥させて細かく粉砕したものが『苔の種』という名称で市販されています。
追い蒔きの目的は新芽の発芽を促し、密度の高いコロニーを形成することです。コロニーの密度が高くなるほど乾燥に強くなり、健康的に増えるようになります。
2〜3年に一度、この苔の種を既存の苔にすき込むようにして撒きます。そのタイミングで目土を入れれば一石二鳥です。

刈り込み
スギゴケは上へ上へと成長し、条件がよければ1年で5cm以上伸びることがあります。こんもりしたスギゴケは苔好きにはたまらない光景なのですが、伸びすぎは倒状現象を引き起こす原因となり、また、新芽が発芽しにくくなると言われています。
10cm程まで伸びたら刈り込みます。そこまで伸びるということは、環境や管理がうまくいっている証拠です。地際あたりまで大胆に刈り込んで問題ありません。
刈り込んででたクズはそのままにしておくか、一度かき集めて苔の種として蒔きゴケに使います。新芽が発芽して、苔庭を更新させることができます。刈り込みを行ったあとは、最低1ヶ月は水やりをしっかりしましょう。

◎その他の、苔の植えつけ方に関する記事
苔の植えつけ ②蒔きゴケ法(まきゴケ法)
苔の植えつけ ③移植法

[`evernote` not found]
Pocket

     

スポンサーリンク

          

▼「苔日和」サイトマップへジャンプします

サイトマップへジャンプします
    

 - 苔の種類・育て方, 苔庭づくり・ガーデニング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  この記事を読んだ人が他に読んだ記事