苔園芸の情報サイト〜苔日和 (こけびより) 

初心者大歓迎!苔を身近に楽しみたい、そんな苔好きのための情報サイトです。苔の基本情報から、苔の育て方や苔庭づくり、苔園芸など。

    

*

苔庭の育て方・年間管理〈スギゴケ〉

      2016/03/05

 
[`evernote` not found]
Pocket

スギゴケ年間管理
苔庭と言えば昔からスギゴケがメジャーです。しかし、新たに苔庭をつくる時、スギゴケが好む環境をつくってあげることが難しく、植え付けて間もなく変色や枯れなどのトラブルに見舞われるケースが多い苔でもあります。
立派に苔むしたスギゴケの存在感は他の苔とは比べものになりません。

植え付け

植え付け場所

スギゴケは1日数時間日光が当たる半日陰でよく育ちます。全日照でも育てることも可能ですが水やりの難易度が上がります。
苔高が高い分、密度の高いコロニーを形成するまては非常に乾燥に弱いため、湿度の安定感が重要になります。
関東エリアなど太平洋側の地域は乾燥しやすいため、庭でスギゴケを育てるのが難しいと言われているくらいです。風をできるだけ庭に入れないように、フェンスや生け垣で囲むようにしましょう。

植え付け方法

スギゴケは貼りゴケでの植え付けが一般的です。蒔きゴケで1から庭をつくるのは難易度が高く、時間もかかるでしょう。

貼りゴケ法による植え付け

年中植え付け可能ですが、適期は最低気温が0度を下回らなくなってからの3月〜6月頃と、残暑が和らいでからの9月〜11月です。
庭土に川砂などを混ぜ込んで水はけと水持ちのバランスを良くし、マットがしっかり土壌に密着するように貼り付けます。乱暴に押さえつけるとスギゴケの先端の生長のする部分がポロポロととれてしまいますので慎重に。
複数のマットを植え付ける時は、マット同士の間に1cm程度の隙間を空けるようにして貼っていきましょう。隙間は1ヶ月ほどで埋まります。
土壌にしっかり圧着させた後、上から黒土と砂を等分混ぜたもので目土入れをします。私は粒の荒い、セメントづくりに使うような砂をつかっています。目土が重しになり苔を動きにくくすると共に、乾燥から守る役割があります。
目土入れをした後、ジョーロで優しくたっぷりと潅水します。潅水後、再度コテやスコップで慎重にかつ確実に圧着させます。

蒔きゴケ法による植え付け

苔庭におけるスギゴケの蒔きゴケは上級者向けです。
適期はほぼ貼りゴケと同様です。地域差はありますが、気温が0度を下回る時期よりも1ヶ月前までには蒔きゴケを完了させましょう。
スギゴケを粗く粉砕したものを、土壌の上にあまり苔同士が重ならないように蒔きます。市販の『苔の種』でもけっこうです。蒔き終わったら貼りゴケ同様目土入れをしてたっぷり潅水します。潅水後圧着させる時に真上から下に押し当てるようにしましょう。撫でてしまうと苔が動いてしまいます。

水やり

植え付け後、貼りゴケの場合は3ヶ月程度、蒔きゴケの場合は均一に生え揃うまでの4〜5ヶ月程はできる限り水を切らさないようにしましょう。
芽がある程度生えそろってきたら、真夏を除く春〜秋は朝方に1回、真夏は早朝と日が当たらなくなってからの2回水やりをします。冬場は降雨だけでけっこうです。
水やりをする時は、水圧で苔が動いてしまわないようになるべくジョーロで、ホースでも優しく水をかけてあげましょう。日中の水やりは蒸れや葉焼けを起こすので絶対にしないようにしましょう。
湿度が高い状態で安定している場所では、特に水やりは不要です。

施肥

肥料は一切必要ありません。

除草

コロニーが蜜になると雑草は生えにくくなります。そうなるまでは3月くらいから雑草が生えますので、できるだけ背丈が低いうちに抜いてやりましょう。雑草を抜く時にしっかり根元に手を添えて真上に引き抜くようにします。
除草剤を使う時は「プリグロックス」を200倍に薄めたものを散布します。

目土入れ・追い蒔き

年に1回川砂と黒土を等分混ぜた目土で目土入れをします。目土入れをしたらたっぷり潅水し、目土が苔の隙間に入り込むようにします。目土を入れることにより、スギゴケのコロニー内の新芽の発芽を促します。目土入れは梅雨明け直後や冬に入る前など、乾燥しやすくなる前に行うと効果的です。
スギゴケのコロニーを早く充実させるために1〜2年に1度苔の種を追い蒔きして新芽を発芽させます。コロニーが蜜になれば、追い蒔きは不要です。

刈り込み

スギゴケは直立型で上へ上へと生長します。順調にいくと年に3〜5cmくらい伸びるので、数年経つと茎高は10cmを超えてきます。コロニーが蜜であれば、スギゴケ同士が支え合えますが、コロニー内の根元から弱ってきますので伸びすぎると倒れやすくなります。また、コロニーが蜜になると、新芽が発芽しにくくなります。
そこで、雑草用の刈込みバサミなどでマットの表面を刈り取り、刈り取ってでた苔くずを蒔きゴケする管理法があります。倒れる前に刈り、刈り取った苔で新芽を出させ世代交代をします。
刈り込みをするくらいまで育ったということは、環境が合っているか管理が適切だという証拠ですので、刈り込みをする時は地際まで思い切って刈り込みをしても問題ないでしょう。
最初は全体が赤茶色っぽく見栄えが悪くなりますが、蒔いた種苔から新芽が出て1ヶ月程経てば徐々に緑が戻ってきます。蒔きゴケした後に目土入れをするとより効果的です。
刈り込みは真夏・真冬をできるだけ避けた時期に行います。

★下記よりスギゴケを一発検索できます
▼楽天市場
杉苔を楽天市場で一発検索
▼Yahoo!ショッピング
杉苔をYahoo!ショッピングで一発検索

[`evernote` not found]
Pocket

     

スポンサーリンク

          

▼「苔日和」サイトマップへジャンプします

サイトマップへジャンプします
    

 - 苔の種類・育て方, 苔庭づくり・ガーデニング, スギゴケ(杉苔)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  この記事を読んだ人が他に読んだ記事