苔園芸の情報サイト〜苔日和 (こけびより) 

初心者大歓迎!苔を身近に楽しみたい、そんな苔好きのための情報サイトです。苔の基本情報から、苔の育て方や苔庭づくり、苔園芸など。

    

*

【苔庭におすすめの植栽】玉竜(たまりゅう)

      2016/03/05

 
[`evernote` not found]
Pocket

20151031_144548
玉竜(タマリュウ)はユリ科ジャノヒゲ属の常緑多年草で、和風にも洋風にも合う非常に取り入れやすいグランドカバーです。年中深い緑色をしており、グランドカバーや、ガレージなどのコンクリートやタイルの目地にあたる部分や花壇の縁取りなどによく利用されています。性質も強健で、土質もあまり選ばず、育て方も比較的簡単なのでグランドカバーの中でも非常に需要のある種類と言えます。

玉竜の育て方基本情報

植えつけ場所

日向でも日蔭でも耐え、土壌も極端な礫質や粘土質でない限りそれほどこだわらずとも、庭土で育てることができます。斑入りの品種は直射日光に長くあたると色があらくなったり痛んだりするので、半日蔭か日陰に植えましょう。

水やり・肥料

よほど長い期間雨が降らない場合を除いて、基本的には降雨だけで十分です。肥料もほとんど必要ありませんが、生長期に水で薄めた液肥をあげると葉つやもよくなるでしょう。肥料のあげ過ぎは逆効果です。

増やし方

きちんと根付けば、あとは放っておいても地下に根を伸ばし、自然と増えていきます。別の場所にもタマリュウを増やしたい場合は株分けをします。適期は春の生長期の初期の頃ですが、真夏・真冬以外であればいつ株分けして植えても、定着の成功率は高いのがタマリュウの強いところです。

タマリュウとリュウノヒゲって同じ?違う?

よくタマリュウとリュウノヒゲ(竜の髭)を一緒のものと考えている人を見かけますが、半分正解で半分不正解です。タマリュウもリュウノヒゲもどちらも別名はジャノヒゲ。性質は基本的に同じで、タマリュウはリュウノヒゲを矯小化(わいしょうか)した葉の長さが10cm程度までしか伸びない品種です。下の写真の奥にあるのがリュウノヒゲ、手前がタマリュウです。ホームセンターなどでも時々タマリュウを「リュウノヒゲ」として売っていたり、その逆もあったりするので、葉の長さで判別するようにしましょう。

リュウノヒゲ(奥)とタマリュウ(手前)

リュウノヒゲ(奥)とタマリュウ(手前)

タマリュウを探すなら

▼姉妹サイト「お庭日和」で探す
お庭日和でタマリュウを一発検索!
楽天市場でタマリュウを一発検索!
Amazonでタマリュウを一発検索!

[`evernote` not found]
Pocket

     

スポンサーリンク

          

▼「苔日和」サイトマップへジャンプします

サイトマップへジャンプします
    

 - 植木・下草

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  この記事を読んだ人が他に読んだ記事