苔園芸の情報サイト〜苔日和 (こけびより) 

初心者大歓迎!苔を身近に楽しみたい、そんな苔好きのための情報サイトです。苔の基本情報から、苔の育て方や苔庭づくり、苔園芸など。

    

*

【おすすめアイテム】『スナゴケの瓦鉢植え』がオシャレ!インテリアにもエクステリアのアクセントにも!

      2016/03/16

 
[`evernote` not found]
Pocket

私が個人的に大好きなスナゴケ。乾燥している時は縮れてどこか汚らしい感じがしないでもないですが、水を含むと満天の星のようにぱっと開きます。その鮮やかなモスグリーンは雨上がりの苔庭を明るくしてくれます。そんなスナゴケをインテリアとしておしゃれに飾ったり、外構づくり(エクステリア)の素材としても利用できそうな『スナゴケの瓦鉢植え』というアイテムをご紹介したいと思います。

(画像をクリックすると商品詳細にジャンプします)

可愛らしいスナゴケを手軽に楽しめる『スナゴケの瓦鉢植え』

本物の瓦焼き製法でつくったスクエアボックス

和風の器と苔もよく合いますが、いたってシンプルなスクエアボックスでもスナゴケの存在感が際立っていい感じです。本物の瓦焼き製法でつくられたスクエアボックスにスナゴケをセットするだけでおしゃれなインテリアになります。また、スクエアボックスはよく外構のアクセントとして地面に埋めるなどして取り入れられますが、足元の四角い窓からスナゴケがもこもこ生えているというのも格好いいですよね。置いて眺めるもよし、エクステリアの素材として利用してもよしです。

苔を育てる初心者の方にもおすすめ

苔ですから肥料をあげる必要はありません。乾燥して縮れていたらそっと優しく水をかけてやるだけで、鮮やかなモスグリーンが一瞬にしてよみがえります。特別なテクニックもいりませんので、「苔を育ててみよう!」と思ってらっしゃる方が苔について知る入門編としては、苔玉よりはよっぽどおすすめです。
気温が高い時や日光が直接当たっている時は水やりしないようにしましょう。苔の中が蒸れて弱る原因になってしまいます。

インテリアとして利用する時も、太陽によく当ててあげましょう

苔というと日陰でじめっとしたところの方が好みそうなイメージがありますが、このスナゴケは太陽の光を好む苔です。乾燥して縮れたようになりますが、一日中日光が当たっていてもOKな苔なんです!逆に、日光のあまり当たらないところにずっと置いておくと元気がなくなってしまいます。インテリアとして飾る時も、窓際などの明るい場所に置くか、1週間のうち2~3日は外に出して太陽の光をたくさん浴びさせましょう。

「欲しい!」と思ったらここで探せます

ネットで入手することができます。ショップによっては様々なサイズのものを扱っていますので、あなたに合ったものをチョイスしてください。
楽天市場でスナゴケの瓦鉢植えを一発検索する
Yahooショッピングでスナゴケの瓦鉢植えを一発検索する

スナゴケはこんな苔です!

当サイトの他記事で、スナゴケのことを紹介しています。下記よりスナゴケのことがわかる記事にリンクしますので、ぜひスナゴケの魅力を知ってください。
【苔の図鑑】スナゴケとは(砂苔、ギボウシゴケ科)
苔庭の育て方・年間管理〈スナゴケ〉
苔の育成レポート スナゴケ・ハイゴケの増やし方① 20150320
苔を育てるために押さえておきたいポイント

■こちらもぜひお読みください
土を使わず苔の種から育てる苔テラリウムの作り方《構想編》

[`evernote` not found]
Pocket

     

スポンサーリンク

          

▼「苔日和」サイトマップへジャンプします

サイトマップへジャンプします
    

 - スナゴケ(砂苔), 旬ネタ・おすすめ情報

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  この記事を読んだ人が他に読んだ記事