苔園芸の情報サイト〜苔日和 (こけびより) 

初心者大歓迎!苔を身近に楽しみたい、そんな苔好きのための情報サイトです。苔の基本情報から、苔の育て方や苔庭づくり、苔園芸など。

    

*

苔好き俳優石倉良信さんからの贈り物が、とにかく石倉流全開な件

      2015/10/28

 
[`evernote` not found]
Pocket

先日、苔つながりでちょくちょく連絡を取らせていただいている舞台俳優の石倉さんから唐突に「住所教えてー。送りたいものあるからー」とメッセージをいただきました。まさか石倉さんが危害を加えるような怪しいモノは送りつけて来ないだろうとなんの疑いもなく住所をお伝えし、何が届くかと不安、いや、期待しながら待っていました。
そしてとうとう、ついに、本日石倉さんからの「贈り物」が届きましたよ!早速何が届いたのか確認しましょう。

意外に大きな荷物に胸が高鳴る、がしかし。

差出人の欄を見ると、間違いなく石倉さんからの「贈り物」。予想していたより大きな荷物です。
(クリックで画像拡大)
wpid-wp-1433418248409.jpeg

封筒か何かで来ると思ってた分、まさかのダンボール箱で届いたので期待がさらに膨らみます。石倉さんの「苔道」シリーズ(kindle版電子書籍)の『勝手に苔訪問!』で出てくるオリジナル苔テラリウムか、それとも手作り苔グッズか。
しかし、なんか大きさの割にはやたら軽い気が…。

wpid-wp-1433418659696.jpeg

コワレモノ。石倉さんからの贈り物は、郵便屋さんが大切に大切に運んで来てくれたんですね。

wpid-wp-1433418819496.jpeg

ほら、伝票にもちゃんとコワレモノって。ん?隣の「紙」って何、紙って。手紙か何か同梱されているのでしょうか。

wpid-wp-1433418890521.jpeg

なんだ石倉さん、Amazonで何か買って送ってくださったのかぁ。オリジナル苔グッズではなさそうですね。予想は外れたようです。
あれ、よく見るとAmazonじゃない。こ、Kokezon!!

wpid-wp-1433419036075.jpeg

とことんKokezonだって主張しています!次の「苔道 第5号」はAmazonではなくKokezonで発売されるという示唆ともとれます。Kokezonでダウンロードした電子書籍「苔道」は果たしてkindleで読めるのでしょうか。

念のため真偽を確かめるため、kokezon.co.jpにアクセスしてみたところ、
wpid-wp-1433419638175.png

そんなサービス存在しない!

ここにきて期待は一転、不安に変わったのです。

いよいよ開封の時

意外にもしっかりしたダンボール。コワレモノ、と共に記された「紙」という未知の内容物。Amazonと思いきや、kokezonからの届いている。でも、kokezonなど存在しない。

この不可解な荷物。やはり開けて中身を確認しなければなりません。

恐る恐る開封すると、、

wpid-wp-1433420426944.jpeg

箱の大きさに対して中身少なっ!ダンボール箱の容積の50分の1以下の中身。しかも、動かないようにテープで固定してあるじゃないですか。中身がすかすかであることを隠蔽する意図がみてとれます。
肝心な中身は…?

何だかんだでとても素敵な贈り物でした

image

サイン色紙です!石倉さんを始め、石倉さんが出演されている舞台「イシノマキにいた時間」の福島さん、田口さん、そして舞台にゲスト出演もされている作曲家の吉俣さんら、4人のサインが書かれた色紙でした。しかも、黒ペンではなく、苔色(緑)のスペシャルカラーです!(笑) 伝票に書いてあった「紙」の謎も解けました。
先月観に行った「イシノマキにいた時間」大阪公演で、石倉さんから終演後に楽屋に呼んでいただいていたのでその際にサインをもらおうかと思ってカバンに色紙とサインペンを忍ばせておいたのですが、楽屋に行くことなくホールの出口で軽く挨拶だけして帰ってしまったのでサインをもらえず…ということを以前当サイトの記事で書いたのを石倉さんが見てくれていたわけですね。わざわざ、「イシノマキにいた時間」の皆さんを巻き込んでサイン色紙をご用意くださったんです!
色々と惑わされる荷物でしたが、いつも「苔道」でも笑わせてくれる石倉さんらしい、遊び心満載の贈り物でした。

石倉さん、そして福島さん、田口さん、吉俣さん、サインをいただきありがとうございモス!この場を借りて御礼申し上げます。
我が家の苔玉のよこに飾っておきます(笑)。また舞台などで近くに来られる時には遊びに行かせてください!

▼石倉さんの『苔道 第4号』 Kindle版がAmazonで絶賛発売中!(2015.5.22発売)

▼舞台「イシノマキにいた時間」はよく笑いよく泣ける素敵な舞台です。
イシノマキにいた時間公式HP

[`evernote` not found]
Pocket

     

スポンサーリンク

          

▼「苔日和」サイトマップへジャンプします

サイトマップへジャンプします
    

 - 雑談

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  この記事を読んだ人が他に読んだ記事