苔園芸の情報サイト〜苔日和 (こけびより) 

初心者大歓迎!苔を身近に楽しみたい、そんな苔好きのための情報サイトです。苔の基本情報から、苔の育て方や苔庭づくり、苔園芸など。

    

*

【苔の図鑑】ハイゴケとは(這苔、ハイゴケ科)

      2016/03/05

 
[`evernote` not found]
Pocket

image

杉苔と共存するハイゴケ

ハイゴケ(這苔)の基本データ

■種類:ハイゴケ
■分類:ハイゴケ属 < ハイゴケ科 < ハイゴケ目 < マゴケ網 < マゴケ植物門 ■分布:九州~北海道、東・東南アジア、シベリアなど ■場所:低地~高山のやや明るい場所の雑草の根元など
■特徴:黄緑・淡い緑。ほふく性で茎長は5cm〜10cm。葉が規則的に並び、マット状に密に生育する。

苔園芸で幅広い用途で使われるオールラウンダー

あまり管理されていない芝生のある公園、田んぼのあぜ道、道路脇の植栽の根元付近など、身近なところでもよく見かける馴染みのある苔です。
ハイゴケは苔玉や盆栽、テラリウム、苔庭をはじめ苔園芸のあらゆる場面で重宝されています。
その理由は、
●性質が丈夫。育てやすく増えやすい
●ほふく性なので厚みがでない
●乾燥しても縮れにくく、色も変わりにくい
●市場で多く流通している(入手しやすい)
といったところが主なところではないかと思います。乾燥しても簡単に枯れない(死なない)のは苔全般に言えることですが、ハイゴケは乾燥しても緑を保ってくれますので鑑賞用に特に適しているのかもしれませんね。もちろん、本来は湿潤を好む苔ですから乾燥させたまま放置してはいけませんよ!

ほふく性で横に広がりながら数cm程度のマット状になります。仮根を持たず土を必要としないので、室内にも持ち込みやすいですし、装飾的な役割で使うのに適していると言えます。
また、高さがあまり出ないので、苔玉のように形を維持したいものにはピッタリです。日陰になるほど徒長しやすいので、伸びてもさもさになってきたもハサミで散髪するようにチョキチョキして整えてあげると良いでしょう。

早く苔庭づくりを実現するならハイゴケがおすすめ

私の自宅のメインの庭はまずハイゴケを採用して苔庭のベースを作りました。家の東側に庭があるので、午後は日陰になる半日陰の環境です。防草シートの上に培養土を5cmほどの厚さでスナゴケと一緒に蒔きゴケしました。
ハイゴケは生長スピードが比較的早いことと、横に横に広がって増えていくほふく性の苔ですから、スギゴケやスナゴケなど直立型の苔よりも早く地表を覆ってくれます。半日陰〜明るい日陰の庭で、早くモスグリーンを楽しみたい方におすすめです。
性質も丈夫で蒔きゴケでも増やしやすいので、蒔きゴケ法の基本がわかってれば初めての方でも蒔きゴケで増やして「庭を1から育てる」感覚でチャレンジできると思います。まつ、貼りゴケでマットをたくさん購入しなくて済むので、低コストに抑えられるのも魅力です。
日照条件と、土壌に保湿性を確保できていれば基本的には降雨のみで育ちます。管理も楽ですね。乾燥しても、スギゴケなどのように極端に縮んだりせず緑を保ってくれます。

ハイゴケの育て方、管理について

初心者の方でも、植えつけ環境と植えつけ方さえ間違わなければ簡単に苔育てて増やすことができます。苔園芸で何かと使えるので、プランターや植木鉢などで自家製のハイゴケを育ててみてはいかがでしょうか?

ハイゴケはここで買えます


楽天市場でハイゴケを一発検索する
Amazonでハイゴケを一発検索する
Yahooショッピングでハイゴケを一発検索する

以下にハイゴケの育て方や管理についての基本情報など参考記事の一覧を載せておきますので、参考にしていただければと思います。

【ハイゴケの育成・庭づくりの参考記事】
▼ハイゴケの植えつけから管理までの基本情報です
ハイゴケの育て方・年間管理
▼ハイゴケの植えつけに適した培養土の配合を解説しています
苔の種類ごとのおすすめ培養土
▼スナゴケ・ハイゴケを使って蒔きゴケ用の種を作る方法についてです
蒔きゴケ(まきゴケ)用の「苔の種」の作り方
▼私が自宅で「ハイゴケの種」を蒔いて育成しているレポート記事です
苔の育成レポート スナゴケ・ハイゴケの増やし方

【苔庭づくりの基本情報の参考記事】
苔を育てるために押さえておきたいポイント
苔に肥料は必要なの?
初心者でも失敗しない、市販の苔の選び方
苔庭の目土入れをおすすめする理由

[`evernote` not found]
Pocket

     

スポンサーリンク

          

▼「苔日和」サイトマップへジャンプします

サイトマップへジャンプします
    

 - 苔庭づくり・ガーデニング, 苔玉, ハイゴケ(這苔)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  この記事を読んだ人が他に読んだ記事